Sep

10

「なんとなく」の大切さ

美容・健康について|September 10,2007 11:00 AM

朝、顔を洗って化粧水をつけたとき、なんとなく肌の調子がいいとうれしくなりますよね。
家を出て空を見上げた時、真っ青な空にまっすぐに走る飛行機雲を見つけたら、なんとなく背筋が伸びて気持ちまでシャンとしたり…医師である私がこんなふうに言うと、意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は診察の際、症状や数値だけでなく、患者さんの仰る「なんとなく…」をしっかり聞くように心がけています。

「なんとなく…」には、日々自分にしかわからない小さな違いや予感、期待や不安が、それこそ「なんとなく」ではなく、しっかりと込められていることが多いから。
だから、「なんとなく不調」な時こそ、その原因をしっかり探らなくてはいけないし、「なんとなく好調」な時こそ、その状態に持ち込めたことを素直に喜ぶべきだと思っています。

今年の美容医療業界で話題騒然になっている「ACR療法」。これは、自分の血液成分で肌を蘇らせる、これまでのヒアルロン酸やコラーゲン注入を超えた、画期的な治療法です。私たちのクリニックでこの治療法を受けた患者さんの感想に多いのが、まさに「なんとなく、でも確実に好調!」というもの。

これまでの、オーロラやフォトフェイシャルのように、ピンポイントのシミやシワなどの悩みを解消するものではありませんが、肌全体を若返りを実感できるものなのです。
だから、感想は「なんとなく、でも確実に好調!」。
私自身が見ても、シミが無くなったとか具体的な効果ではないのに、患者さんの肌全体が若返った印象を受けます。
だから、治療を受けた患者さん本人にとっては、「なんとなく最近肌の調子がいい」とか「なんとなく肌が若返った」という、自分自身の肌の持つ力を蘇らせる治療なのです。

このACR療法は、患者さんから採血し、そこから血小板だけを特殊な方法で取り出し、それをお肌の気になる部分へ注射するというもの。
自分の血液中の成分なので、安全性も高く、2日ほど腫れることを除けば副作用の心配もありません。
肌の持つ力をぐっと若返らせてあげて、その効果を「なんとなく好調!」と、お肌の実力アップを毎日実感できるのは、実はかなり贅沢なことではないでしょうか。

だって、「なんとなく」は昨日より今日、今日より明日と積み重ねられていく、自分の中の小さな変化の証なのですから。

それに、「あのコ、カワイイね。」と言われるより、「あのコ、“なんとなく”カワイイね。」って言われる方が、女子力アップしてる気がしません?

「なんとなく」の魔法、気になる方は、お試しください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/129

コメント

Posted by Yuka.F | at September 12, 2007 11:40 PM

すごいですね。
日々進歩していくんですね・・・
でもきっと保険適用外なんでしょうね。
とりあえず、おウチで出来る事から頑張ります。
以前テレビで見たのですが、洗顔はたっぷりの泡で洗うのが一番大切だと・・・(実行中)
軽いメイクならクレンジングを使わなくても十分だって話してました。リキットでも2分程度マッサージするように洗えば、メイクは落ちるとも・・・
くすみも改善されるのかなぁ??

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: