Sep

25

もっとその先を

はぴトレについて|September 25,2007 7:14 PM

HPをリニューアルして、1ヶ月が経とうとしています。
たくさんの方に見ていただけているか、私たちクリニックの思いは届いているのか、期待と不安の日々は今も続いていますが、診察の際に「HP見ました」と声をかけてくださる方や、この「はぴトレ」にコメントを寄せて下さる方も、徐々に増えてきました。
本当にありがたいことです。

先日、初診でアトピー性皮膚炎の女性の患者さんがおみえになりました。
その方は、これまで何度か脱ステロイドに挑戦されたのですが、なかなか完全には難しかったようです。
トキコクリニックについては、何度かHPを見て知ってはいたけれど、美容色が強く、自分が行くところじゃないなと感じていらっしゃったそうですが、久しぶりにHPを見たらリニューアルされていて、読み進むうちに「こここそ、私の行くところだ」と思ったそうです。

私は、診察のとき、患者さんに「治ったらなにがしたいか」その先のお話をなるべく聞くようにしています。
そうすることで、症状が良くなった具体的なイメージを患者さん自身が持つことができるし、それは患者さんの持つ自然治癒力を高めることにもつながると考えているから。
何よりも、今の辛い症状にとらわれるよりも、その先の自分自身を描くことで、より前向きに今の治療に取り組むことができると思うのです。
 
彼女に同じ質問をすると意外な返事が返ってきました。
「フォトフェイシャルがしたい!」
ほとんどの皮膚科医は、アトピー性皮膚炎の治療のゴールを「ステロイドを使わずに日常生活を送れるようになること」と定めているけれど、患者さんの願いは必ずしも同じではありません。
そして、トキコクリニックのゴールもまた、そこではないのです。

「もっとその先の、キレイになること」

これは、女性にとってとても大きな、しかしあたりまえの願いなのではないでしょうか。
アトピー性皮膚炎の治療をしていても、お化粧もしたいし、キレイでいたい。
治ったら、今よりもっとキレイになる努力がしたい。
もっとその先のキレイを手に入れたい。

いつも、もっとその先の自分のキレイをしっかりイメージすること、これは決してオンナノコの欲張りなんかではありません。
ずっとキレイでいるための、ちょっとしたコツなのかも。
日々患者さんと接して、そのお話の中から、大切なものを改めて見直すことができることに、本当に感謝しています。
そしてだからこそ、もっとその先のキレイのお手伝いができるクリニックでありたいと、改めて誓うのでした。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/131

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: