Jan

04

あけましておめでとうございます

はぴトレについて|January 4,2008 4:46 PM

お正月のこの何か清々しい空気。
年が明けるってこと、これが1年の特別な日であることを実感します。

12月31日までは、みんながバタバタと忙しくて、日本中に大掃除のほこりがふんわり舞ってるような、そんな慌しい空気なのに、一晩越えたその翌朝の元旦には、こんなにも空気が一変するなんて、年が明けるって不思議です。
街に射す陽射しも透き通って見えて、空気まで澄み切って澄んで感じられる・・・
でも、年が明けて清々しくなったといっても、実際には世の中には暗いニュースの方が多くて、もちろん、私の目の前にも今年解決していかなきゃいけない現実が山積みで。

そういえば子供の頃は、お正月になると決まって「今年の目標」をぼんやりと考えたりもしたもんでした。
でもその目標は「ハワイでショッピング」とか「回ってない寿司で満腹」とかではなく、「逆上がりができるようになる」とか「本を何冊読む」とか、自分の努力で実現するものだった。
えらいなぁ、子供って。
で、ふと思うのです。

・・・最近、どうなのよ、私。

やらなきゃいけないこと、解決しなきゃいけないことに日々追われて、自分の努力で実現する目標の設定はもちろんですが、ショッピングや寿司的な叶えたい欲望を忘れてはいやしないかい?
今の幸せに満足することも大切だけど、毎日を問題解決のための作業に費やすだけでは、それは、日々を消化してるにすぎない。
目標や欲望を胸に一歩踏み出すことが、次のさらなるハッピーにつながるはず。
これを忘れちゃいけないな・・・
そんなことを考えながら、毎朝恒例のベランダ深呼吸をしていたら、長女が珍しく横に並んで言いました。

「うわぁ!鼻の奥まで、冷たくなって、いい気持ち!」

ああ、このお正月の清々しい空気を、娘は五感でとらえているんだと思うとなんだか嬉しくなって、そんな彼女に今年の目標を聞いてみると

「今年も、勇ましく生きていく!」

実は、コレ長女がいつも自分たち姉妹のことをそういうのです。
親はなくとも子は育っていると、本人たちは思っているみたい。
でも、親バカなようですが、なかなかステキな言葉「勇ましく生きる」。
期せずして、このお正月は娘から目標を授かりました。

「五感で感じることを大切に、そして、気高く勇ましく生きる」

これを今年の私の目標にします。

みなさんもこの機会に、小さくてもいいから、欲望でもいいから、何か目標を掲げてみませんか?
目標なんて考えるとちょっと重く感じるけど、その小さな楽しい「くわだて」や「たくらみ」が、今年の大きなハッピーにつながる一歩になるはず。
新しい年の、新たなハッピーへの一歩、一緒に踏み出しましょう!

今年もどうぞよろしくお願いします。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/139

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: