Jul

25

夏を乗り切る秘策

トキコクリニックについて美容・健康について|July 25,2008 11:56 AM

この夏休み、小学生の間では3の倍数で「アホ」になるのが流行りだそうですが、ここ数日は3の倍数でなくても「アホ」になりそうな暑さが続いています。
しかしこの「アホ」、実はスペイン語では暑気払いしてくれそうな「ニンニク」を意味していること、ご存知でしたか?
スペイン料理の多くにニンニクが使われ、「アホスープ」なるものもあるほど、「アホ」はその味とパワーを誇るスタミナ源なのです。

皆さんのこの夏を乗り切るスタミナ源はなんでしょう?

この暑さに食欲もなくなりがちで、つい冷たい物ばかり口にしてしまいがちですが、その結果、胃腸が冷え働きが悪くなり、芯から冷えた体は代謝も下がり・・・そう、この「冷え」こそが夏バテの原因です。
普段から冷たい物は避け、クリニックでは真夏でも靴下にレッグウォーマーは欠かさない私ですが、そんな私でもクーラーの冷えは気になるし、暑さのせいで食欲がおちることもあります。

そんなときは、あえて熱いスープを食べて汗をかく!

これが、私の夏バテ対策です。

スペインで「アホスープ」が食されるだけでなく、タイのような暑い国には「トム・ヤム・クン」というこれまた熱いスープがあります。
香辛料と酢がたっぷり入った酸っぱくて辛い味付けは、暑い中でも食欲をそそり、体の代謝をあげてくれます。
これは、暑い国であえて汗をかく熱い食べ物をとることで、その国の人々が健康に暮らすことができるという、生活の知恵の表れでのあります。
同じように、中華料理のサーランタンも同じ効果が期待できますよね。
クーラーの乾燥にさらされているお肌のことを思えば、韓国料理のサムゲタンもおすすめ。

とにかく、あったかくて具沢山のスープをたっぷりとることが、夏バテを防ぐ近道です。

とはいえ、こうも暑い日が続き、それに抗うようにガンガン冷房を効かせた室内との往復をくりかえしていると、この1週間夏風邪らしき症状が治まりません。

そこで、先日「血液クレンジング」という治療を受けました。

「酸素カプセル」をご存知でしょうか?
あの「ハンカチ王子」が熱闘続く甲子園でスタミナを維持したという、かのベッカムが、そしてマドンナも受けているというその「酸素カプセル」のスープ版が「血液クレンジング」とイメージしていただけるとわかりやすいかも。
「酸素カプセル」は、カプセルの中で酸素を吸うことで血液中の酸素濃度を上げ様々な効果を期待するものですが、「血液クレンジング」は自分の血液にオゾンを加え、酸素飽和度を最大限に増やしてから点滴の要領で直接体内に戻す治療法

「酸素カプセル」よりも血液からダイレクトに酸素を吸収できるため、より吸収しやすく効果も高まります。
おかげで私は治療直後から体が軽くなり、とりあえずは夏バテ第一波を無事乗り切ることができました。

この「血液クレンジング」、夏こそ気になるシミ・シワ・たるみや体のだるさだけでなく、酸素の持つ抗酸化作用により慢性疾患やアンチエイジングにも効果があります。
これが、どうやらこの夏の私の夏バテ対策の鍵を握ってくれそうです。

スープといい血液クレンジングといい、つまりは内側からの手立てこそが、この夏を乗り切るコツ!
夏はまだまだ入り口です。
しっかり対策を用意して、乗り切っていきましょう!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/153

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: