Jan

10

大丈夫。

はぴトレについて|January 10,2009 5:43 PM

「新年あけましておめでとうごさいます 
      本年もよろしくおねがいいたします。」

この年明け、仕事関係の業者の方々とのご挨拶のあとに、身の回りの不景気を象徴するようなできごとを話し始める人があまりに多くて、この不景気というのが活字やニュースの世界の中の出来事ではなく、現実の出来事なのだと実感させられます。
けれど、一方で、不況は不安のあおりをうけて、さらなる不景気を生み出しているような気がしてなりません。
年末年始も「巣篭もり消費」といわれ、家族と自宅で過ごす人が多かった。
結果、海外旅行に行く人の数は減り景気の悪さが叫ばれますが、浅草の市は例年よりも賑わい、大晦日のテレビの視聴率も上がっています。
つまり、お金の使い方を考え直す人が増え、お金の集まる場所が変わるという、その変化だけだと、私は受け止めています。

美容業界の厳しさも、あちらこちらで語られています。
これまでのように、気分転換のためだけのエステや、なんとなく続けていた効果の曖昧な治療に、大事なお金を使う人はいなくなるでしょう。
けれど、だからこそ、本当に必要な自己投資を吟味する時代がきたのだと思います。
本当に効果があるもの、本当に自分自身に必要なもの、そしてその本質を問われる時代がきたのです。

なんとなくお付き合いで仕方なくみんなが参加していたような、そんな食事会やイベントは減っていきます。
あるブランドのバッグが流行ったらそれを自分も持ちたいとか、そういう他者との比較で成り立っていた消費は、どんどん減っていくでしょう。
今、自分にとって、投資すべきはなんなのか、みんながそれをじっくりと考え始めたのです。
自分にとって、投資すべきは自分自身を磨くこと。
装うための仮面ではなく土台をしっかりと築きあげること。
自分にとっての快適を、自分で判断し、求めること。
他人と比べることで推し量るシアワセの大きさは、本物のシアワセではないことに、ようやくみんなが気付くことができる、ラッキーな時代がきたのです。

だから、私は、クリニックの今年が楽しみで楽しみで仕方がありません!
不況だ恐慌だと不安が叫ばれる今こそ、好機到来のチャンス。
「巣篭もり消費」といわれるのなら、サナギからかえった蝶が美しくあるように、自己投資のチャンスなのです。
真価を問われる時代だからこそ、吟味される時代にこそ、選ばれる喜びがあるのだから、私たちクリニックはそれに応えたいと一丸になることができます。

今年は迷うことなく、もっともっとクリニックのクオリティを上げていきたいと思います。
うまく宣伝するにはどうすればいいかとか、お得な感じにするにはどうすればいいか・・・という小手先ではなくて、本質的に評価していただけるかどうなのか。
みなさんにご満足いただける治療や施術ができているか。もてなすスタッフのサービスや、くつろいでいただける空間が提供できているか。
これまで、クリニックが本当に大切にしてきたことや心がけてきたことをちゃんと評価していただける、そんな千載一遇のチャンスがきたのです。


そして、私自身も、この新しい年が楽しみでなりません。

それは、初詣で3回連続「大吉」をひいたから・・・ではなくて。
なんだか走り続けて息切れしそうだった昨年が終わったから・・・でもなくて。
みんなが不況という言葉に不安になり篭ってしまうときだからこそ、表にでるチャンスと考えているのもあります。
でも、その根本にあるのは「大丈夫。」という、根拠なき、けれど大いなる確信に支えられた安心感。
うまくいえないけれど、大丈夫だといえるのです。
不況でも、不安でも、不景気でも、そんな言葉に踊らされず、地に足をつけて、こんなときこそしっかり自分を磨こう。そうすれば、間違いなく、明るい未来がひらけてくる。

そう、今年の年初めの誓いは「大丈夫」。
言い聞かせるのではなく、確信を持った「大丈夫」。
今朝、ニュースで見た清水寺には、一面の白い雪が。
人々が積み重ねた歴史にも、突然起きた事件にも、不景気や不況が彩る黒い街の上にも、雪はふわりと降り積もり、だれにも平等に白い風景を与えてくれます。

大丈夫。
いまこそ、自分を大切に。
いまこそ、自分を磨く、チャンスなのです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/164

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: