Mar

09

サンフランシスコより愛を込めて

トキコクリニックについて美容・健康について|March 9,2009 3:16 PM

・・・とかいう、はりきったタイトルで書き始めたものの、実際のところは酷い時差ボケでフラフラです。
現在こちらサンフランシスコの時間で、深夜3時半。
目が覚めて眠れず、ブログの原稿を書くことにしました。

今回の渡米はアメリカの皮膚科総会への参加と、最新のエステとアンチエイジング関連の機器の視察のため。
photo1.jpg

photo3.jpg
このアメリカ皮膚科学会へは、例年4万人を超える参加者があり、それだけに会場も広い!
東京ビッグサイトなんて、全然ビッグに感じない広さ。
その会場を毎日あちらこちらへ歩き回り、足がパンパンです。
本当、医師という職業も体力仕事だと実感しています。
(いや、日ごろの運動不足か?)
日本の学会は、たいていひとつのホテルで事足りることを思えば、そのスケールの大きさと情報量に圧倒されています。

とはいえ、今回の参加者は例年にくらべて少なめとのこと。
例年ならば滞在するホテルの予約も困難なほどなのに、今年はあっさり予約できたことを思うと、アメリカの不景気を実感すると日本を始め様々な国の先生が言っていました。

けれど不景気には関係なく、新たな技術の開発はその歩みを止めることはないようです。

レーザーの新作発表パーティーでは、画期的な脂肪融解による痩身マシンの完成が今年中に完成できそうとのこと。
photo2.jpg
現在、トキコクリニックでは「ヴェラシェイプ」という痩身マシンが活躍してくれているのですが、実はこれ、イスラエル製。
しかも、そのイスラエルの会社の方は何度もクリニックにきて、より効果的な使用方法や技術的なポイントの指導などしてくれるし、そのおかげもあってスタッフの技術も向上して、痩せたことを実感される方がたくさんいらっしゃいます。
はてさて、そのアメリカ製の新製品がこれを上回るマシンになるのか、そして完成はいつなのかが楽しみです。
ちなみに、こちらのマシンの紹介の会場では、カリフォルニアワインが振舞われていて、とてもリラックスしながらプレゼンテーションを聞くことができました。
中には説明会場にも入らず、ずっとロビーでワインを飲んでビュッフェのお料理を食べて・・・と言うだけの人も大勢いて、大らかな会場の雰囲気に驚かされました。
もちろん、私もしっかり「味見」はさせていただきましたが・・・。

そして、おなじみの「レディエッセ」の上級者トレーニングにも参加。
韓国、台湾、ブラジル、日本、その他、様々な国のドクターが30名以上参加していましたが、どの国の患者さんもたるみを改善したいとか若返りたいとか、国境を越えてもキレイになりたい人の悩みは同じだと感じました。
講習会ではアメリカのレディエッセ専門の先生が、実際にモデルさんを使ってレディエッセを注入するところを見学。
でも、感想は・・・「上級者トレーニング」のクラスでしたが、私のほうがうまいと思いました!
大きな声では言えないけれど、できるなら私が代わってみなさんにお見せしたいくらい。
かつて、日本が原料を輸入し、それを加工して生まれる精密機器の製造開発で世界に名を馳せ、やがて経済大国へと成長したように、エステの現場でも、機器は輸入しても、手当てのテクニックは日本人の器用さや丁寧さと「もてなしの心」をもってすれば、エステやアンチエイジングの分野での医療大国になりえるのではないでしょうか。

そしてこちら。
photo4.jpg
タイタンやクールグライドジェネシスを作っているレーザー会社の工場見学へも行きました。
子供のころ、学校の近くのパンやさんに工場見学に行って以来、まさにオトナの工場見学。
これはなかなか有意義な視察になりました。
レーザーができるまでの工程がわかりやすかったのはもちろんですが、会社のポリシーなどを改めて理解することで親近感が生まれ、危うくここの会社のレーザーを優先的に買おうと思ってしまったくらいでした。
そして、この工場の立地がまたいい!
photo5.jpg
サンフランシスコから車で15分ぐらいの所にあり、田舎ののどかな美しい風景(海も見える)が見渡せる、とても清潔な工場とオフィスで、こんな景色を眺めながらなら、きっといいアイディアも浮かびそう。と思いました。
ポリシーのある集団であることと、その環境の大切さ。
これは、私が今のクリニックを始めるにあたり、こだわったことのひとつでもあり、そういった意味でも共感を持つことができました。

毎日、クリニックでの診察に追われていると、思い切って決断しないと、こんな風に視察に行くことはなかなかできません。
けれど、今回感じたのは、思い切って外の世界を見ることが、新たにたくさんの情報を得られるだけでなく、あらためて自分たちのいいところも悪いところも見える経験となったこと。
それは、窓の外に様々な景色が見えて、そこからいろいろなことを学ぶと同時に、その窓に映る自らの姿からも、学ぶことが多いということなのかもしれません。

今、私の窓の外の景色は・・・
それは確かにサンフランシスコではありますが、ただの真っ暗な夜空。
ぼんやりとPCの灯りに照らし出された、私の顔が青白く映っています。

・・・まさに、鏡。

だめだ!時差ボケがますます酷くなりそう。
しっかり寝て、明日もこの窓の外のアレコレをしっかり目に焼き付けてきます。

たくさんの刺激のシャワーを浴びて、帰ってクリニックに復帰することが、今から楽しみです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/168

コメント

Posted by きらら。 | at March 25, 2009 2:12 AM

先日、先生のところでレディエッセを受けました。やりたいなーでもこわいなーと、とても緊張していた私ですが、仕事も恋もまだまだ頑張らないといけない私にとって、自分の自信を取り戻すために、私にとっては大金をはたいて、決意しました。結果は・・・とても気に入ってます!!自信満々でバイタリティに溢れていたあの頃の顔が戻った!って感じです♪♪
先生のブログを読んでみるとサンフランシスコのトレーニングで自分の方が上手いと感じたと書いてありましたが、(技術に関して詳しいことはわかりませんけれども)納得です!!
最初の印象は美人でクールで少しこわい(スミマセン?!)先生かな~と思っていましたがさらにブログを読んでいくと、とてもキュートでピュアな心をもった素敵な先生ですね。どれも共感することが多いし、先生の仕事観に感動して、私も頑張らねばっと思いました。
いろいろと美容皮膚科を探していた私ですがトキコ先生の施術を受けれてよかったです。これからもきれいになりたい前向き女子を、また自信をなくしてしまった悩める女子の力強い見方でいてくださいね。
また経過を報告しに行きますね~。

Posted by tokiko | at March 25, 2009 7:07 PM

きららさん、喜んでいただけて嬉しいです!

レディエッセは本当に治療者も患者さんも幸せになる治療ですね。
介助につく看護師さんも、一番好きな治療だと言っています。

それにしても

美人、は、いいとして(笑)
こわかったですか~?

声が大きく、早口なので、
そしてちょっと理屈っぽいから・・
時々そう思われちゃうんですよね・・・。

気をつけているのに、
診察しているうちにすぐ白熱してしまって。

ありがとう!もっと気をつけます!!

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: