May

25

キラキラの力

はぴトレについて|May 25,2009 12:51 PM

誰かさんがうっかり「ミゾウユウ」なんて言ってしまったほど、世界中は黒い不況の雲の下・・・らしいです。
そんな中、新型インフルエンザがやってきて、泣きっ面に蜂の大群というところでしょうか。
人影もまばらな街には物々しいマスク姿しか見当たらず、眩しい初夏の日差しが皮肉に感じられるほど。

でも!世の中の女の子は元気な様子です。
だって、東京のFOREVER21やH&Mには女の子が行列して、デザインだけでなく値段までカワイイお洋服に夢中。
マスク必須でもちゃーんとメイクはしたいし、街の合言葉が「不況」と「節約」でもカワイイことをあきらめるなんてできない。
これぞオンナノコ。

こんなに不況でも、いや不況だからこそ?オンナノコの好きなモノは強いらしい。
ユニクロやマクド(マック?)という、「値段のカワイイ」企業が業績をあげる中、オンナノコの好きな「キラキラ」もまた、この不況の中売り上げを伸ばしているのです。
そう、キラキラの最高峰「スワロフスキー」。
もちろん値段のカワイイブランドではないし、生活必需品でもないのに、この2年で売上5割以上アップというから驚きです。

最近流行の、ディズニーランドのエレクトリカルパレードが丸ごと電話になった様な、キラキラ満載の「デコ携帯」を持つ勇気はないけれど、実は私もキラキラ大好き。
キラキラ消費にしっかり貢献しています。

ケータイのストラップは、もちろんスワロフスキー。
SWAROVSKI.jpg

毎日手にするものだからこそ、お気に入りを2つつけて、キラキラ倍増です。
そして、最新のお気に入りキラキラグッズがこちら。
スワロフスキーの大きなペンダント。
SWAROVSKI_02.jpg

胸元に下げるこのキラキラのボリュームは、それだけでアクセサリーとして、気持ちを明るくしてくれるのに、さらにこれは仕事のできるUSB内蔵。
働く女に最高のデザインと機能を兼ね備えているのです。

なんとなく世の中が暗く見えるこんなご時世だからこそ、キラキラに心惹かれるのは、私だけではないはず。
いつだって、女が時代を作ってきたとまでは言わないけれど、私は今回の黒い雲の出口はオンナノコが握っている気がします。
使いやすさとか性能とか、薄くて小さいこと、ましてや無難であることなんかよりも、持ってて気分がアガるかどうか、つまりは自慢したくなるかどうかが、オンナノコの判断基準。
「これ、いくらに見える?実は・・・」というお買い得感があることや、「これ、カワイくない?!」という女子的感覚を刺激することが、購買意欲につながっているのではないかしら?
そして、女の子は、その「カワイイ」という感覚を共有できる人同士で品物以上の喜びを分かち合い、それがさらなる売上につながる・・・実は、この不況の出口はそんなところに隠されてるような気がするんだけど。

アクセサリーや宝石とか、とにかくカワイイものが大好きで、キラキラした物を持つとなんだか嬉しい気持ちになる。
同じように、自分がキラキラしてるともっととっても楽しくなる。
これは、オンナノコみんなの素直な欲望。
そして、このオンナノコの欲望には、いくらオジサマ方がしかめっ面で不況だなんだと叫んでも、そんな黒い雲なんかを吹き飛ばすくらいのパワーが眠っているんじゃないでしょうから。

不況を打ち破るのは、オンナノコのキラキラパワーなんじゃないか?
今、くすんだ街を見て、私は本気でそう感じています。
キラキラが大好きなオンナノコ軍団の一員として、キラキラのUSBとキラキラした野望を胸に。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/173

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: