Aug

10

キレイに生きる

はぴトレについてトキコクリニックについて|August 10,2009 7:21 PM

ここ最近、ワイドショーを賑わす事件は、人間の心の闇について深く考えさせられる事件でもありました。
テレビというメディアの中に、人生の一場面を「仕事」として表現し続ける芸能人は、その一場面だけがその人の全てだと思われがち。
大抵の場合、テレビの中の人生は、華やかで豊かでことさらに眩しく見えるもの。
けれど、実際には空虚で虚しく、何を求めて彷徨っているのかもわからなくなるような、深い闇もあるのかもしれない。

でも、それは芸能人だけでなく、誰の人生でも同じこと。

街ですれ違う誰かの人生の闇の深さも、空虚さに悩む心も、孤独感も伝わってこない。
思いがけない苦しみが突然に降りかかることは、実は誰の人生にもあることだけど、でも皆それを自らすすんで語ろうとしないだけ。
でも、誰にも共感してもらえなくても、みんな自分の人生に自分の力で向き合っている。

人が明るく生き生きと自分の人生を生きることは、テレビで見るように簡単なことではありません。
他人には嘘をつけても、自分には嘘をつけない。そして、自分に嘘をつきながら生き抜けるほど、人生もまた容易いものではない。
だからこそ、誰のためでもない自分のための人生を自分で歩くために、時には孤独でも自分の正しいと思ったこと、つまり自分の良心・本心に従って「きれいに生きる」ことを、私はいつも忘れないようにしようと改めて痛感しました。

そんなロサンゼルスから帰ってきて早々の大事件に目を奪われる一方、クリニックのスタッフたちの成長ぶりには、目を見張るばかりです。
私の留守中も、当たり前のことですがクリニックはなにひとつ変わらず、きちんと運営されていました。
由美先生も毎日診療を頑張ってくれて、患者さんもたくさん来てくださって、新生トキコクリニックは、すっかり軌道にのって走り出しています。

出発前に準備をしていた新しい化粧品も完成!
リカバリーゲルというジェルタイプのクリームで、保湿効果・抗炎症効果の高い新しいオイル「メドウエストリド」という成分を配合したことで、軽い湿疹なら一晩で治ってしまうと評判。
多くの方から「まさかステロイドが入ってるんじゃないでしょうね」とか「ホントに肌がツルッツルになった!」とか、「何をぬってもだめだったのが、しっとり肌になった」とか、喜びの声をすでに頂戴し、かなりのヒット作のようです。

そして、スタッフの入れ替わりも。
実は7月末に、受付のスタッフが産休に入りました。
来たばかりの時は失敗も多く、患者さんからもお叱りを受けることもあった彼女ですが、こつこつと一生懸命努力していつしか立派なスタッフに成長し、トキコクリニックにはなくてはならない存在になっていました。
結婚式に呼んでいただいたとき、お母様が「あんな頼りない子がちゃんと仕事ができているのか心配で・・・」とおっしゃっていましたが、あんまりそうおっしゃるので「本当にしっかりやってくれているんですよ!」と私も何度もお話したことを覚えています。
仕事を始めてクリニックという家族の一員になり、さらに自分の家族を作り、そうしてひとつひとつ自分の人生に向き合ってゆく彼女はどんどんキレイになっていきました。
なにごとにも一生懸命取り組んで、仕事にも家庭にも全力で向き合い、そして母になる喜びを待つ日々は、本当に自分の人生をキレイにまっとうに生きるお手本のようで、眩しいほどだったのです。
つまり幸せというのは、自分の人生を自分の責任で選択し、自分のキレイ(良心)にしたがって生きることなのではないかと、彼女の幸せそうな姿を見て感じました。

キレイに生きること。

自分の人生に向き合って潔く生きることは、もしかすると時には少々勇気がいることなのかもしれません。
でも、人間にはそれができる力がきちんと備わっている。
逃げずに向き合えば、必ず道は拓ける。
自分の力を信じること。
心も体も健康であれば、自分の力を信じて、その良心に従ってキレイに生きることはできるはず。
心も体も健康なら、きっと肌も美しくなる。それはその人自身のオーラが美しくなるから。

「健康だからこそ美しい」
私たちの掲げるコンセプトは、人生を生き抜くスタミナです。
心と体だけでなく、人生そのものをキレイに生きるために大切なこと。

今回の「旅という非日常」から戻って見つけたものは、留守中のクリニックを支えてくれたスタッフへの感謝と、私にとっては普遍的な人生を生き抜くスタミナについてでした。
どちらも、日常の中にこそある、とても大切なこと。
非日常に旅にでてこそ見つかる、日常の大切さ。

今日も一日なんでもない日をキレイに大切に生きること。その幸せを、今回の旅は教えてくれたのかも知れません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/178

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: