Jan

20

下の娘の成人式・・私もひとまず「お母さん」卒業!?

はぴトレについて|January 20,2016 4:08 PM

今年は下の娘が成人式を迎えました。2年前、上の娘が成人式を迎えた時は1年以上前から「着物はどうする、着付けはどこで?」とあれこれ気をもみましたが、2度目の今回は落ち着いたものでした。当日こそ早朝からバタバタしましたが、着付け、家族で撮影、同じ学校を卒業したお友達との集まり・・と滞りなく予定をすませて、娘も「楽しかった!」と喜んでくれました。

実は私自身は成人式は出席せず、振り袖も持っていませんでした。というのもちょうどその頃に父が家を出て生活がとても苦しくなり、私はアルバイトをしながら学費も自分で払うという貧乏生活だったからです。母は「レンタルの着物でも」と言ってくれましたが、借りるだけでも10万円単位でお金がかかると知り、「そこまでしなくてもいいよ」と言いました。
成人式そのものには未練もなかったのですが、大学卒業時の祝賀会に出席した時、自分以外の女子がみんな振り袖姿だったのはさすがにショックでした。みんなは成人式の時に誂えてもらっていたんですね。
そんな思い出もあるので、日頃は放任主義の私も、娘の成人式には着物を用意してお祝いしたいという思いがありました。

とはいえ、正直なところ、下の娘の場合は成人式以前に「これからどうするの」という心配のほうが先に立っていた部分もありました。
中学時代に「医師になる」と決めた上の娘とは違って、いくつになっても甘えん坊。家のなかではずっと「末っ子」で、私たち家族も甘やかしてしまったのでしょう。私から見れば、何をしたいのか、どこを目指したいのかがはっきりせず、ずっともどかしい思いがありました。
ご存知の方も多いと思いますが(笑)、私は白黒はっきりさせるのが好きだし、いったん目標を定めたら突き進みます。努力も惜しみません。そんな私なので、無事に成人したことをうれしく思いつつ、「で、これからどうするの?」と思わずにはいられないわけです。この2年間はずっとそんな思いで彼女を見ていました。

ところがここ最近、彼女を見直すことが続きました。

年末はわが家でトキコクリニックのドクターのお嬢ちゃんと一緒にケーキをつくることになり、その様子を見ていると、とても上手に教えていました。やさしくてしっかりしたお姉さんの顔になっていて、「こんなことができるんだ」と内心驚きました。さらにひとり暮らしをすることを決め、今通っている学校の近くの学生マンションに移っていきました。

彼女は今、製菓の専門学校に通っています。昔から家でもよくお菓子をつくっていましたが、私は趣味の範囲だとばかり思っていました。なので本格的にお菓子づくりを学びたいと言われた時は驚くとともに「趣味とプロとは違うことがわかっているのかしら」と思いました。実際に弱音を吐いた時は、「やっぱり。この子は大丈夫なのか」と心配の通り越して腹を立てたりもしました。

その娘が就職活動も視野に入れて学校の近くに引っ越していったのです。買い物や荷物の整理は学校のお友達が手伝ってくれたそうです。私はベッドを買う時につきあっただけ。まだ部屋も見に行っていません。
高校卒業直後のカナダへ語学留学をしたことに比べれば語学の不安やカルチャーギャップもないのは確かです。でもことあるごとに「まだまだ子どもだわ」と思っていた私にとっては、急に彼女の成長が加速したみたいに感じて、驚きながらうれしくて、うれしいけれどちょっと寂しい・・・なんとも複雑な気分です。

上の娘は大学進学と同時に家を出たので、今は私ひとりと猫たちとの生活です。猫たちも、よく遊んでくれる彼女に一番なついていたので、寂しくて仕方ない様子。私が帰宅してソファで一息ついていると、わらわらと近寄ってきます(笑)。今まで私に対してはクールだったのに、トイレに行けばドアの前で待ってるし、寝る時間になると私のベッドに乗ってるし。「きみたち、どうしたの?」と言いながら、私も猫たちに慰めてもらっているような気分です。

今さらながら、親って勝手なものですね。娘たちが幼い頃から仕事中心の生活で、あまり母親らしいこともしなかったし、「母として」という意識も自分にはないと思っていました。でもやっぱり私も「お母さん」だったんですね。「ただいまー」と帰ってきても部屋ががらんとしていると、心がスースーする感じ。でも娘が自分の道を見つけようと一歩踏み出していったのだから、私は私でがんばらなければ。
娘たちが成人式を無事に迎えられたことに感謝して、私もひとまず「お母さん」卒業・・かな? 娘たちには「困った時はいつでも相談に乗るけど、アンコールはほどほどにね!」と言っておいたほうがいいですね!(笑)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/289

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: