Feb

24

長年取り組んできたニキビ治療に新展開です。

はぴトレについて|February 24,2016 4:13 PM

大きな可能性を感じる「プラズマ治療 NeoGen SPA」
今回は、私が今、特に力を入れている「プラズマ治療 NeoGen SPA」について書きたいと思います。

プラズマ治療 NeoGen SPA去年の秋に導入した機械ですが、私はとても大きな可能性を感じています。遊びに行った友人のドクターのクリニックに、この機械がありました。すかさず「何これ!?」と聞いた私に、「これいいよ、うちの患者さんのニキビが劇的に治ってるんだ」と言うではないですか。さっそくいろいろ教えてもらい、トキコクリニックにも導入することにしました。

トキコクリニックにはニキビに悩む患者さんもたくさん来ます。私自身、若い頃はずっと悩んでいました。若くして独立開業した大きな理由も「ニキビとアトピーを治せるクリニックをつくりたい!」というぐらいでしたから、ニキビはずっとトキコクリニックの一大テーマなのです。 スキンケア、心理療法、化粧品、ピーリング・・・考えられることはすべてと言ってもいいぐらい、いろいろな治療法を試み、編み出してきました。そして今、ひどいニキビもかなり改善できるようになりました。

肌の表面にプチプチと出るニキビはケミカルピーリングでかなり改善します。角質が厚くなり毛穴がふさがってしまっているのを、ピーリングをすることで角質が少し薄くなり毛穴が詰まりにくくなり、皮膚の代謝も促進するので次第にニキビができにくい肌になるのです。
最近は栄養療法も効果をあげています。ビタミンBやC、亜鉛やマグネシウムなどのミネラルの不足がニキビの原因になっていることがあります。足りないビタミンやミネラルを補うことでニキビができにくくなります。それでも生理前になるとパーッとニキビが出てしまうという女の子の場合は、低容量ピルという方法もあります。3ヶ月ほど飲めば新しいニキビができにくくなり、半年も経つとピタッと治まるという人が多いです。ただ、服用をやめるとまた出てくるという人も1割から2割います。
ピルは決して悪くはありません。実際、世界中で多くの女性が服用しています。1日1錠飲むだけで確実に効果があるし、費用も安くすみます。けれど「体の中から健康に、美しく」というトキコクリニックの理念を厳密に考えると、合成のホルモン剤であるピルに頼り切るのではなく、できればピル以外の方法で治したいという気持ちがあります。
また、男の子にピルは使えません。ニキビが重症化した男の子や何をやっても効果が出ない女の子にどうにかしていい治療法はないものかと探していたところにプラズマ治療と出会ったわけです。

「プラズマ」といえば・・・プラズマテレビやプラズマクラスターを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。私もそうでした(笑)。プラズマは「物質の第4の状態」といわれます。たとえば、氷(固体)に熱を加えると水(液体)になり、さらに熱を加えると水蒸気(気体)になります。固体が第1、液体が第2、気体が第3ですね。さらに水蒸気を熱し、数千〜数万度以上になるとまた違う状態になります。これが物質の第4の状態で「プラズマ」と呼ばれます。

プラズマはイオンや電子が自由に動いている状態です。そして他の物体を吸着したり融合したりします。その原理を利用して、皮膚の表面にある老廃物や角栓などを除去したり、新たな生体反応を起こして新陳代謝を促すのがプラズマ治療です。美肌効果として小じわや毛穴の開きの改善、ニキビをつくるアクネ桿菌に対する殺菌作用、停滞したメラニンの排泄によるくすみの改善や美白効果、キメの改善などがみられます。従来の美肌治療に用いられてきたレーザーや光、高周波とは根本的に違う原理で、新たな効果を引き出してくれます。レーザーなどと違ってメラニンには反応しないため、これまで施術ができなかった上まぶたなどデリケートな部分にも治療が可能です。

少し難しい話になってしまいましたが、プラズマとは何かが少しは伝わったでしょうか。次回は引き続き、プラズマに期待できることや注意点などをご紹介しますね!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/290

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: