Apr

22

モナコでのアンチエイジング医学学会で最新の技術と情報を仕入れてきました!

はぴトレについて|April 22,2016 11:23 PM

今年もモナコでのアンチエイジング医学学会に参加してきました。美容医療の学会のなかでもこの学会は格段に大規模なもので、世界中からドクターが集まります。3日間の期間中、モナコの街はドクターであふれているといっても過言ではありません。

アンチエイジングのなかでもやっぱりヒアルロン酸ボトックスに関するものが多く、世界的に有名なドクターのセッションは人気があります。私もプログラムを熟読して、いろいろなセッションを見て回りました。海外のドクターのセッションでいつも感心するのがプレゼンテーションです。アップル社の創業者、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションの映像を見たことがある人は多いと思いますが、まさにあの通り。インカムをつけて舞台を自在に歩き回り、巨大なスクリーンに資料を映し出し、身振り手振りを交えて説明します。退屈することなく、話にどんどん引き込まれてこちらの気分もあがります。聞くところによれば、ああいうプレゼンの仕方をトレーニングしてくれる人がいるのだとか。

残念なことに、日本人であんなプレゼンをする人には出会ったことがありません。英語力もさることながら、シャイな日本人にはハードルが高いのでしょう。「インド人を黙らせるのと日本人にしゃべらせるのが一番難しい」というジョークを聞いたことがありますが、確かにインド人のドクターはとっても饒舌で押しが強い人が多いのを感じます。そんなお国柄を実感するのも海外での学会の面白いところです。

会場にはたいへんな数の企業が出展して、薬剤や化粧品、機械を展示しています。一通り見ていくだけでも大変なのですが、そのなかで感じたのは前回ご紹介した膣や外陰部のアンチエイジングのための機械がさらに増えていることでした。去年もいろいろ出ていましたが、今年はさらに新しい機械がいくつも出ていて、どこも力を入れているのを実感しました。まだまだ日本では「恥ずかしい」という意識が先行して、誰もが受ける治療には至っていませんが、思い切って導入したのは間違いなかったと確信しました。

実際、トキコクリニックでサーミヴァの施術を受けた人の反応はとてもよくて、全員がリピートしています。特に「尿もれ」に悩んでいた人は「劇的によくなりました!」と喜んでくれています。少し時間がかかるかもしれませんが、日本にもきっと波がくると思います!

もうひとつ「波」を感じたのが痩身です。

あきらかに機械の性能が進化していました。たとえばこれまでは「体を温めて代謝をあげて脂肪を燃焼させます」といった機械が多く、ちょっと回りくどいというかもどかしい思いがあったのですが今回は脂肪細胞に直接働きかけ、しっかりと結果を出す機械がいくつも出ていました。

今、トキコクリニックにあるなかで一番効果の高いものはクール・スカルプティングです。脂肪細胞以外の組織にはダメージを与えず、余分な脂肪だけを冷却・凍結させて排出させる仕組みです。体が冷えるのを心配される方がいますが、脂肪をぎゅっと吸引して、吸引した脂肪だけを凍らせるので冷える心配はありません。
吸引できるほど厚みのない部分、たとえば二の腕や太腿の内側、顎などは当てるだけで脂肪を凍らせることができる機械を使います。ただ、吸引する機械は1時間ですむのに対して、当てるだけの機械は2時間かかるのが難点でした。2時間も身動きできないのはつらいですよね。ところが今回、75分にまで短縮された機械が登場していました。これは大きな進化です!
ほかにもレーザーや超音波を当てて脂肪細胞を破壊する機械など、痩身に関する技術がどんどん進化しています。ブースを見て回る私のテンションもあがりっぱなしでした。

帰国後、私を待っていたのは超音波で脂肪細胞に熱を加えて燃焼させるという機械でした。一緒に学会に参加したドクターたちとの会食が続き、3キロも太って帰ってきたので、さっそく試してみました。ちょっとした痛みも我慢できない私は低出力でやってみましたが、これがけっこう効くのです。きつかったスカートがゆるくなってきました。スタッフも一緒に試していて、効果がしっかり確認できたら導入しようかと考えています。

次回も引き続き、モナコでの学会で得たもの、学んできたことをご報告します!

<学会会場にて>
2016042201.jpg

<ご一緒した先生方と・・>
2016042202.jpg

<最終日にイタリアンレストランでランチに食べた白トリュフのリゾット!>
2016042203.jpg

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/294

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: