Aug

18

トキコクリニック梅田院、好調なスタートです!

お知らせ|August 18,2016 7:30 PM

トキコクリニック梅田院がオープンして1週間が過ぎました。私が思った以上に順調なようで、ホッとすると同時にちょっと拍子抜けです(笑)。
というのも、13年前にトキコクリニックが梅田から心斎橋へと移った時、患者さんが激減したという経験があるからです。その時の私は「小村クリニック」から「トキコクリニック」へと名前も変えて、当時としては精一杯の環境を整え、とてもはりきっていました。梅田に通ってきてくれていた患者さんたちも「心斎橋に通います!」と力強く約束してくれていたのに、パッタリと来てくれなくなりました。来る日も来る日もヒマでヒマで・・・。スタッフの手前、顔にも口にも出せませんでしたが、正直どうなるのかと不安でいっぱいだったのです。

おかげさまで少しずつ「トキコクリニック」を知ってくださる方が増え、「よかった」と思ってくださった方が紹介してくださり・・と次第に患者さんが増えて現在に至るわけですが、あの頃の焦りと不安が強烈に私の記憶に刻まれていたようです。今回、梅田院のオープンにあたって、スタッフたちにはしつこいほど「しばらくはめっちゃヒマだから」「でも気にしないのが大事よ」「患者さんがゼロでも、いつかは必ず来てくれるから!」と、励ましているのか脅しているのかわからないような言葉をかけていました(笑)。

ところがフタを開けてみると、1週間で50人を超える方が来てくださったのです。それも新規の患者さんが思いのほか多くて、うれしい驚きです。1週間で50人というのは、もちろん他の院に比べればゆっくりペースですが、スタッフ自身も新しい環境でのスタートですから、立ち上がりとしてはいいペースだと思います。これまで通り、ていねいに一人ひとりの方と向き合い、よりベストな施術を提供してほしいと思います。

今思えば、梅田から心斎橋という移動は、やはり従来の患者さんにとっては通いにくい、つまり不便になってしまったのだと思います。技術はよくても、忙しい患者さんにとって「不便」はやっぱりマイナスなのですね。
その点、今回は淀屋橋でも従来と同じ施術を受けられるうえに、神戸方面にお住まいの方や梅田周辺で働いている方にとっては便利になるわけです。
よかった! 案ずるより産むが易し! というわけで、梅田院もハッピーな滑り出しとなりました。

ちなみに梅田院の院長である先山 史先生は、スタッフから「史先生」と呼ばれ、とても慕われています。トキコクリニックは3人の男性ドクター以外、女性ばかりで「女性の職場は難しいでしょう」と言われることもあります。でも総院長の私が遠慮したり、言葉にオブラートを包んだりするのが苦手で、「言いたいことがあったらハッキリ言う!」というタイプなので、自然とキッパリハッキリしたスタッフが集まるようになりました。とはいえ、「キッパリハッキリが苦手」という人もいますよね。キッパリハッキリチームとほんわかチーム(別に派閥があるわけではなく、傾向という意味です)とでコミュニケーションギャップも起こります。
そんな時、史先生はとても上手にそれぞれの気持ちを受け止め、調整してくれるようです。言うまでもなく、クリニックを新しく開院するというのは大変な仕事量で、スタッフもとてもがんばり、疲れもしたでしょう。でもいい雰囲気でいいスタートが切れたのは史先生の”人間力”が大きかったと思います。もちろん、患者さんの悩みを聞き取り、受け止める力もすばらしいです。そういう意味でも、美容に関する悩みのある方はぜひ一度、梅田院を訪れてくださいね!


※ドクターは曜日によって変わるので、診療カレンダーで確認のうえ、予約を入れてください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/300

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: