Dec

28

恒例”今年の漢字トキコバージョン”2016

トキコクリニックについて|December 28,2016 7:00 PM

駆け足でお正月が近づいてきました。トキコクリニックも大忙しで、私もスタッフも走り回っています。
さて、今回は恒例「今年の漢字トキコバージョン」です。ここ数年、「うーん、何かな」とじっくり考えることが多かったのですが、今年はスッと浮かびました。「友」です。

私は子どもの頃から(それこそ幼稚園時代から!)どこか大人びたところがあり、一人でいるのがまったく苦にならないタイプでした。器用なところもあるので(笑)、外へ出ればそつなく人づきあいもできるのですが、若い女の子にありがちな、べったりとしたつきあいは昔から苦手でした。
トキコクリニックを開院してからは仕事が忙しく、群れるのはイヤという性格と相まって、オフの日は家族と過ごしたり、一人でDVDを観たり、猫と戯れたりしてリフレッシュできれば大満足でした。と言ってもオフの日はとても少ないのですけどね。
今でも基本的には変わらないのですが、今年は不思議なことに、気がつくと新しい友人が4人もいたのです。男女2人ずつで、うちドクターが1人。あとは医療とは違う分野で働く人たちで、ほぼ同世代です。

「知人」と「友人」の違いって、何でしょうか。

知り合って日が浅いので、ふだんなら知人という感覚かもしれません。でも今回は、みんな「友人」だと感じる自分が不思議です。話していると、私のことを「わかってくれている」「受け入れてくれている」と感じるのです。若い頃のお互いを知らなくても、少し話すだけで「うん、そうそう! わかるよ」と共感しあえるのは、それぞれに楽しいことも苦しい時期も味わってきた年齢だからこそ。大人になってからの友人関係も味わい深いものですね。
それが何ともいえない安心感や居心地のよさをもたらしてくれ、自分がのびのびとその場にいることを楽しんでいるのがわかります。こんな感覚は久しぶりで、とってもハッピーです。

家族やスタッフたちと過ごしている時も楽しいのは確かです。ただ、総院長や母親という役割意識に、私自身がとらわれているのかもしれません。それは仕方のないことですが、もしかしたら必要以上に自らを「役割」の中に押し込めてしまっていたかも・・・。
友だちづきあいに対しても同じです。愚痴や悪口を言い合うのは好きではないので、「飲んでストレス発散しよう!」とわざわざ集まるのは気が進まない。仕事の悩み事がないわけではないけれど、人に話しても仕方ない。人生、結局は自分で切り開いていくしかないのだから———と思うことで、自分で心の壁をつくっていたのかもしれませんね。
そんなことに気づかせてくれた今年の出会い、そして新しい友人たちに感謝です! さて、2017年はどんな出会いがあるでしょうか。楽しみです。みなさんにも素敵な出会いがありますように。どうぞ、よいお年をお迎えください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.tokikoclinic.com/cgi/mt3/mt-tb.cgi/305

コメント

コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を保存しますか?
はい いいえ
 

コメント: