« メイン

美容・健康について

Jun

20

幸せって?

美容・健康について|June 20,2006 6:31 PM

梅雨ですね。むしむしして、私は少し、しんどいモードです。でも本当は、こんなこと、口に出しちゃいけないんですよ。言葉は口に出したとたん、言霊(ことだま)といって、それ自体が命を持ち本当にそうなってしまうパワーを持つのです。
たとえば、あの人が嫌いだと心の中で思っているのと、口に出すのとでは、嫌い度は数倍アップするでしょう。しんどいなあとか暑いなあとか、口に出してしまうと、すっごくしんどくなってしまうでしょう。私は絶対できない、とか、そんなことうまくいくはずがない、とかも同じです。口に出したらそうなってしまいます。
だから、言霊をプラスの方向に向けるといいのですよね。私はきっとできる!とか、こうして頑張っていればきっとうまくいく、とか、私はあの人を理解したい、とか、私はきれいになる、とか(もっといいのは、私は綺麗だ!と言い切ることです)。
私は、いつも、幸せだなあと思っているんですが、それをできるだけ口に出すようにしています。あ~、しあわせだなあ~!!!って。そうすることで、もっと自分に良い「気」がめぐってきて、もっと幸せになれるものなんです。

つづきを読む »

Sep

10

「なんとなく」の大切さ

美容・健康について|September 10,2007 11:00 AM

朝、顔を洗って化粧水をつけたとき、なんとなく肌の調子がいいとうれしくなりますよね。
家を出て空を見上げた時、真っ青な空にまっすぐに走る飛行機雲を見つけたら、なんとなく背筋が伸びて気持ちまでシャンとしたり…医師である私がこんなふうに言うと、意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は診察の際、症状や数値だけでなく、患者さんの仰る「なんとなく…」をしっかり聞くように心がけています。

「なんとなく…」には、日々自分にしかわからない小さな違いや予感、期待や不安が、それこそ「なんとなく」ではなく、しっかりと込められていることが多いから。
だから、「なんとなく不調」な時こそ、その原因をしっかり探らなくてはいけないし、「なんとなく好調」な時こそ、その状態に持ち込めたことを素直に喜ぶべきだと思っています。

今年の美容医療業界で話題騒然になっている「ACR療法」。これは、自分の血液成分で肌を蘇らせる、これまでのヒアルロン酸やコラーゲン注入を超えた、画期的な治療法です。私たちのクリニックでこの治療法を受けた患者さんの感想に多いのが、まさに「なんとなく、でも確実に好調!」というもの。

つづきを読む »

Nov

10

キレイを心がけるには

美容・健康について|November 10,2007 6:58 PM

今、ネイルサロンで手の爪をきれいにしてもらってきたところです。
数日前からネイルがはがれてぼろぼろで、それはそれはすごくいやーな気分で、それでも時間がとれず行けてなかったんです。
きれいになった爪を見て、ほっと一息です。
きれいな爪は幸せな気分になります♪

美容院にももう2ヶ月以上行ってない。
カリスマ美容師でなかなか予約がとれないサロンなので、1週間前から予約をいれてあるけれど、それが明日。
髪が伸び放題だと、スタイリングも決まらない。
明日、髪を切ったら、きっと晴れやかな気分になるだろうな。

つづきを読む »

Jan

10

クリニックの季節感

美容・健康について|January 10,2008 3:04 PM

クリニックの季節感とでもいうのでしょうか。
年末年始が過ぎ、七草がゆが振舞われるころになると、クリニックにお見えになる患者さんの希望される治療も、大きく変わってきます。

年末年始は、忙しくて体調を崩した人や飲み会に備えての、疲労改善点滴や二日酔い点滴が多かったのですが、年明けからは、年末年始の不摂生やお正月太りを気にしてか、脂肪分解点滴やニキビ改善点滴を希望される患者さんが増えました。
そして、お正月気分の抜ける今日この頃は、美肌点滴を希望される方が増えてきます。
今年こそキレイに!その決意を行動に移すタイミングなのでしょうか?

つづきを読む »

Feb

25

私が今だけ痩せているワケ

美容・健康について|February 25,2008 3:18 PM

いつも元気ですね!っていわれると私はとても嬉しいんです。
みんなに『はっぴー』をお届けしたいと思っているのだから、元気が一番です。

でもそんな私でも、実は時々具合が悪くなるんです。

最近の弱点は「胃」。

胃は漢方の考え方の中では、五臓の中で『脾』という部分に属し、食べ物を消化するだけでなく、そこから生体エネルギーである『気』に転化させて体中に送る、とても大事な働きをしています。
『脾』が弱ること、あるいは弱っている状態を『脾虚』といいますが、脾虚が続くとエネルギーである『気』が不足し、『気虚』になるのです。

つづきを読む »

Mar

10

頼みのヴェラ?

はぴトレについて美容・健康について|March 10,2008 7:33 PM

前回のブログのあと、診察のたびに

『先生、お体大丈夫ですか!?』

って患者さんから聞かれ、そのつど私は感激と申し訳なさでいっぱいになりました。

こんなにたくさんの患者さんが読んでくださっていることも嬉しかったし(コメントがめったにないので、読者が少ないと思っていた・・)、ついでに今までの感想をいろいろ聞かせてくださって、やった~って感じでした。
そして、もしや私の事を完全無欠なオンナと勘違いしてくださっている読者がいやしないかと余計な気をまわし、たまにはトホホなことも書こうとしただけのことを、かえって心配をおかけする事態になり、ありがたいやらうろたえるやらで・・・。

お騒がせいたしましたが、今週に入ってかなり元気になってまいりました。
食欲も出てきたし、なにより、ワインが飲めるようになってきたのが幸せ♥
そこで、調子に乗って、今まであきらめていたことに挑戦することに!

それは、「足痩せ」。

つづきを読む »

Apr

25

秘密

美容・健康について|April 25,2008 10:37 AM

4月も終盤に差し掛かると、あちこちでガチゴチの新人さんが、がんばる姿が目に付きます。
そんな新人が学ぶことの第一歩が言葉遣い。
最近話題の「こちらが○○になります」とか「○○の方は…」というおかしな丁寧語も問題ですが、同じ女性としてオンナノコの遣う気になる言葉はコレ。

「私ってぇ、○○な人じゃないですかぁ…」

若者だけが遣う言葉に対するやっかみでしょうか?
いや、それだけではないはず。
その言葉に、哀しき自己顕示欲が潜むのを感じるからなのか、それとも「私って」という言葉に幼稚さを感じるからなのか…もちろん話してる本人に、そんなつもりは毛頭ないのに、なぜか女性が可愛く見えない、そんな、損をしてしまう言葉だと思うんです。

なによりも「私は○○な人」なんてわかりやすい解説をすると、女性の魅力は半減してしまいます。
そう、女性の魅力は謎めく部分にあるというか、わからないからこそ知りたくなる、そんな相手(もちろん男性だけじゃなく)に常に興味を抱かせるような存在でありたい。

特に「オトナのオンナ」は、ね。

つづきを読む »

May

10

おしゃべりな手

美容・健康について|May 10,2008 3:35 PM

最近、手をつないだのはいつですか?

家族と?子供と?それとも、大切な人とでしょうか?

一緒に歩くためだったり、相手を守るためだったり…手をつなぐという行為は、手をつなぐ相手への思いがこもった、とても人間らしい優しい行動で、ことさらに人の思いを伝えるものだと、私は思います。

それとは逆に、手をつなぐことで、相手からも、思いだけでなくいろんな情報を感じとることができます。
例えば、子供と手をつなぐと、手の大きさに成長を感じるだけでなく、温かさでその日の体調もわかることがあります。
他にも、掌にかく汗に相手の緊張を感じることもあるだろうし、待ち合わせで「今来たところ」だと言う彼の手の冷たさに、優しい嘘を見抜くこともあるでしょう。

そう「手」は口ほどにモノを言うのです。

しかし、美容とアンチエイジングの観点から見ると、手のおしゃべりはなかなか困り者なのです。

つづきを読む »

Jul

25

夏を乗り切る秘策

トキコクリニックについて美容・健康について|July 25,2008 11:56 AM

この夏休み、小学生の間では3の倍数で「アホ」になるのが流行りだそうですが、ここ数日は3の倍数でなくても「アホ」になりそうな暑さが続いています。
しかしこの「アホ」、実はスペイン語では暑気払いしてくれそうな「ニンニク」を意味していること、ご存知でしたか?
スペイン料理の多くにニンニクが使われ、「アホスープ」なるものもあるほど、「アホ」はその味とパワーを誇るスタミナ源なのです。

皆さんのこの夏を乗り切るスタミナ源はなんでしょう?

この暑さに食欲もなくなりがちで、つい冷たい物ばかり口にしてしまいがちですが、その結果、胃腸が冷え働きが悪くなり、芯から冷えた体は代謝も下がり・・・そう、この「冷え」こそが夏バテの原因です。
普段から冷たい物は避け、クリニックでは真夏でも靴下にレッグウォーマーは欠かさない私ですが、そんな私でもクーラーの冷えは気になるし、暑さのせいで食欲がおちることもあります。

そんなときは、あえて熱いスープを食べて汗をかく!

これが、私の夏バテ対策です。

つづきを読む »

Oct

10

私のニキビ退治(アクネバスター!)

美容・健康について|October 10,2008 6:49 PM

結論から言おう。

私は数ヶ月前から、顔や胸元に次々とできるニキビに悩まされ、試行錯誤を繰り返し、もう治せないかもと弱気になる日もありながら、気を強く持って、自分を信じ、こつこつ治療をしているうちに、とうとうこのたび、闘いに勝利したのである。

若いころはニキビに悩んでいたのは確かだが、ここ7~8年は好調で、周りからも肌がきれいですねと言われて、その気になっていた。
しかし、ニキビというのは、突然襲来する。
そしてある日、さながらダムの決壊のごとく勢いが強まり、自分の力ではどうすることもできないような事態になるのだ。

私は初め、うろたえた。
まさか、と思った。
すぐ治るさ、と気にしないようにした。
しかし、治る気配がないどころか、その勢いは増すばかりで、さすがの私も重い腰をあげざるを得なくなった。

つづきを読む »

Nov

10

オフがつくるオンナのオン

はぴトレについて美容・健康について|November 10,2008 6:22 PM

ドラマは…というかテレビ自体ほとんど見ないのだけれど、ふと目にとまったものがあります。
日曜夜9時の「SCANDAL」というドラマ。
鈴木京香、長谷川京子、吹石一恵、桃井かおりらが出演・・・という、あらゆる年齢層の女優が4人居並ぶ姿はそれだけで華やかだろうと思うのですが、予想以上の迫力でした。

印象に残ったのは、このドラマのオープニングタイトル。
主題歌の流れる中、真っ白のセットに4人の女優が赤と黒をベースにしたフォーマルかつ最新のモードスタイルで登場。
大きな動きもなく笑ったり、座ったり、たまにポーズをとるだけなのですが、この数分で4人の個性の違いをひしひしと感じとることができます。
それは、同じ色使いでも、4人それぞれがの全く異なるテイストで、かつそれぞれの個性を引き立てる、そんなスタイリングだからこそなせる技。
聞けばあのSATC(SEX AND THE CITY)のスタイリストがスタイリングしたのだそうです。
そういえば、SATCで心に残るセリフがあります。

「キャリアウーマンが生きる道は平坦じゃない。
だからこそ特別な靴が必要なんだ。
歩くことが楽しくなるような靴が。」

つづきを読む »

Nov

25

恐怖の足音?!

美容・健康について|November 25,2008 8:29 PM

あー、聞こえてきた。
せわしない足音が聞こえてきました。
コツコツがやがて、タタタタに変わって、ドドドドになるそんな足音。
せわしない冬の足音が、確実に近づいてきています。

冬がキライなわけじゃないんです。
思いっきり吸い込むと胸の中まで真っ白になりそうなキンキンした冷たい空気も。
せわしない朝、玄関の鍵をかけた瞬間に気付く自分の息の白さも。
いずれ染まる真っ白な雪の街の風景も。
白く曇る窓ガラスも、クリスマスのオーナメントに彩られる街も。
一年ぶりに着るコートも、自分のクローゼットにはやっぱり自分の好きな服がしまってあるんだから、そんな中から今日の寒さに合わせてあれこれ考えるのもキライじゃない。
グラタンだって、シチューだって、鍋だってフグだって、ブリだって白子だって熱燗だってワインだって、なんだか冬の方がおいしいものが多い気がするし、クリスマスにお正月バレンタインとイベントだって多い。
でも、この足音が近づいてくると気ぜわしいのはなんだろう。

つづきを読む »

Dec

25

クリスマスの日に思うこと

はぴトレについて美容・健康について|December 25,2008 6:30 PM

メリークリスマス!

みなさんの思い出に残るクリスマスは、何歳のころですか?
私の学生時代は、世はバブル全盛でした。
周りの女子大生は高級レストランでお食事して指輪やネックレスなどプレゼントされているという話を小耳にはさみながら、私は同級生の男の子たち数人(いずれも彼女なし)と、下宿で鍋。
そう、私はもてはやされる女子大生ではなく、煙たがられる女子医大生・・。そして極貧。
「極貧は極貧を呼ぶ」のが世の常(ほんまか!?)なのでしょうか。そんな仲間が下宿に集結し鍋をつつくクリスマスは、時代の流行とは縁もなく、もちろん決して華やかではなかったけれど、けれどそれを妬む訳でもなく、飾らない友達と過ごす「地味」で長い夜はそれなりにとても楽しいひとときでした。
あの「地味」な楽しみ方はきっと、当時の華やかな時代の流れとは逆行した「マッタリ」した楽しみ方で、まさかその「マッタリ」が時を経て、現代の若者の楽しみ方の王道になるとは、そのころは思いもしませんでしたが。

医者になってからは、クリスマスも単なるお仕事の日に。
むしろ、この時期はクリニックが1年で一番忙しい1週間を迎えるころでもあり、華やいだ街の風景に浮き立つどころか、気ぜわしく感じられます。

クリスマスらしくない過ごし方をしてしまう私は、昔も今も変わらず、そしてこの季節に変わらず続けていることのひとつが、この1年、自分自身ががんばったことはなにか、振り返って考えるようにしているということ。
私にとっては、忙しいながらも歩んできたこの1年を、慌しい中であれ省みる、大切な季節でもあるのです。

私が今年がんばったことはなんだろう。

つづきを読む »

Mar

09

サンフランシスコより愛を込めて

トキコクリニックについて美容・健康について|March 9,2009 3:16 PM

・・・とかいう、はりきったタイトルで書き始めたものの、実際のところは酷い時差ボケでフラフラです。
現在こちらサンフランシスコの時間で、深夜3時半。
目が覚めて眠れず、ブログの原稿を書くことにしました。

今回の渡米はアメリカの皮膚科総会への参加と、最新のエステとアンチエイジング関連の機器の視察のため。
photo1.jpg

photo3.jpg
このアメリカ皮膚科学会へは、例年4万人を超える参加者があり、それだけに会場も広い!
東京ビッグサイトなんて、全然ビッグに感じない広さ。
その会場を毎日あちらこちらへ歩き回り、足がパンパンです。
本当、医師という職業も体力仕事だと実感しています。
(いや、日ごろの運動不足か?)
日本の学会は、たいていひとつのホテルで事足りることを思えば、そのスケールの大きさと情報量に圧倒されています。

つづきを読む »

Sep

09

「やらなければいけない」をやめてみる

美容・健康について|September 9,2009 9:17 PM

子供のころは「オトナになるとなんでも好きなときに好きな物が食べられていいなぁ」とか「好きなことが好きなだけできていいなぁ」なんて思っていたけれど、実際にオトナになってみると、何かをガマンしたり、やらなければいけないことだらけ…だったりしませんか?
それが、夢にまで見た「オトナの現実」なんでしょうか。
特に女性は、そんなしがらみや枠に囚われたり、我慢する場面が多いのではないかしら。

・・・太らないように、食べすぎないようにガマン。甘い物もガマン。
・・・日に焼けてはいけない。
・・・家事をしなくてはいけない。
・・・結婚をしなくてはいけない。

でも、この何かをしなくてはいけないという気持ちや、何かをガマンするという気持ちで取り組んだ物事を、思いっきり楽しむというのは、なかなか難しい。
そりゃそうです。
だって、やらなくちゃいけないからやるんだもの。
ガマンもしなくちゃいけないからするんだもの。

ならば、この「やらなくちゃいけない」ことをやめて、自分の「やりたいこと」だけできればどうでしょう。

つづきを読む »

Sep

25

天と地からもらった素敵な力

はぴトレについて美容・健康について|September 25,2009 9:32 PM

シルバーウイークが終わりを告げ、昨日出勤すると、スタッフの中には元気いっぱいな顔と遊び疲れた顔と対照的な顔を見かけ、ひそかにくすりと笑ってしまいました。
何故なら私は、遊び疲れたとともに、新しいエネルギーを充満して元気いっぱいになった連休だったからです。

連休で、私は今までと全く違った旅をしました。

加圧トレーナーのなおみは、母がカナダ人、父が日本人のハーフ。
幼いころより、両親が持つ長野県野尻湖の別荘に、夏には出かけるのだという話を、以前から聞いてはいました。
今回の連休は、夏休みが終わってすぐにまたやってきたお休みということもあり、どこかへ行こうと宿を探し始めたときにはすでにどこもいっぱいで、4日間、家で過ごすしかないか・・・となおみに何気なく話していたら、よかったらうちの別荘を使ってくださいとのありがたい申し出があり、そのお言葉に甘えることになったのでした。

自然いっぱいだけど、本当に小屋みたいな所だから、覚悟するように、と念を押されながらの出発。
確かに私は、以前にも書いたようにホテル、旅館フリーク。
いつもサービスのよいところや、インテリアの良い所に行って、それを自分の仕事の糧にするというスタイルでした。
しかし、今回は自然と一体になる旅。
多少の不自由は当たり前と思わなければ・・・。
野尻湖というのも、ナウマン象が発掘されたところ、ということしか知らない。
どんなところだろうと、まずはネットでお勉強。
なおみの別荘は、日本三大外国人避暑地のうちのひとつで神山国際村というところにあります。

つづきを読む »

Feb

10

2010年エイジレスの旅

はぴトレについて美容・健康について|February 10,2010 11:11 AM

先日、初めて行ったヘアサロンで雑誌を渡される時、自分が他人から客観的にどう見られているかが解るという意見を耳にしました。

確かに、雑誌が渡されるタイミングって、シャンプーの後。
頭にタオルがぐるぐる巻きで、おまけにてるてる坊主みたいなのを着せられた、あの状態。
服装もヘアスタイルも完全に封印されていて、それはつまり、私がありたい自分をアピールすることのできない、自己演出なきお手上げの「素」の状態。
そこで渡される雑誌は、客観的に見た「素」の私への他者の評価・・・

・・・あな、恐ろしや。

とはいえ、雑誌の世界自体も、もちろん女性自身も、どんどんエイジレスな時代に変わってきているのは確かです。
かつての雑誌のタイトルには、きまって「家庭」とか「主婦」とかいう肩書き(?)が入っていたり、それこそ直球で「○○ティーン」という世代指定(!)があったりしました。
でも、今は「30代女子の…」という特集の表紙がYOUさん(お見事40代!)だったり、エイジレスに肩書レスに、女子は女子として自分の志向の赴くままに自分の道を究めるのが主流になってきているのではないかしら。

しかし、この「エイジレス」。
実は、とっても危険な面をはらんでいるのも事実。

つづきを読む »

May

10

ふれてみること

はぴトレについてトキコクリニックについて美容・健康について|May 10,2010 1:04 PM

このところ「はぴトレ」の更新が滞っていました。
ごめんなさい。

海外出張に出たり、戻ってからは溜まった仕事に追われて、気が付くともう5月も半ば。
花冷えどころか桜に積もる雪に驚かされたのが嘘のような、五月晴れの空が広がります。

ちょうど1か月前、「アンチエイジング医学国際学会&メディカルスパ」に出席するために訪れた地も、抜けるような青空と青い海にたっぷりと太陽が降り注ぐ明るい街でした。
photo1.JPG
そう、なんとモナコの学会に行ってきたのです。

ニース空港から車で約1時間。窓の風景は海沿いの高級リゾートの街並みに変わり、学会に来たはずなのにリゾート気分が湧きたちます。
渋滞を抜けてたどりついたホテルは、テレビで見たことのあるあの「F1モナコグランプリ」で有名な、あのヘアピンカーブの目の前でした。
実際に見たヘアピンカーブは、テレビで見るよりも街の日常の風景の中にありました。
だからこそ、そこを日常の風景になじまないあのスピードですり抜けるであろうレースが、さらに迫力を増すのだということは、実際の風景を目の当たりにすると容易に想像できました。

つづきを読む »

May

26

朝の儀式

はぴトレについて美容・健康について|May 26,2010 10:43 AM

すでに梅雨?って思うようなお天気が続き、むくみやすい「水毒」体質の私は、めまいや頭痛に悩まされています。
じと~っとした天気だと、「水滞」といって、身体の中の水分の流れが滞り、あちこちの組織や、場合によっては脳に余分な水分がたまり、さまざまな症状を引き起こすのです。
そんなときは「五苓散」ですっきり。
私は他に、胃の水はけもよくするために「茯苓飲」てのも使います。
「茯苓飲」は、胃が水でぽちゃぽちゃ音を立てるような人にぴったり。
この季節、「水毒」体質の女の子にとっては、つら~い時期。
漢方で一緒に乗り切りましょうネ。

最近の私の朝は、そんなことで、むくみから始まります。
起きた時は顔も腫れている感じ。
昨日、朝一番10時にデパートに飛び込んで、靴を試着しましたが、全然入らない!それぐらいむくんでいるのです。
そしてだんだん昼ごろにひいてくる。
昨日は特にひどかったな~。トレーニングをさぼったからかもしれません。

つづきを読む »

Jun

10

「クスリ」この悩ましいもの

トキコクリニックについて美容・健康について|June 10,2010 11:35 AM

最近、「クスリは飲んではいけない?」というタイトルの本の広告を、新聞で見つけました。
とても攻撃的なタイトルなので読んでみたくなりましたが、アマゾンで検索、レビューを読むと、買うほどのことでもないかなーと(作者さん、ごめんなさい!)思い、注文は断念。
したがって読んでませんので、内容はわかりません。
しかし、今日はこの本の内容を論じるわけではありませんので、ご容赦を。
他にも、インスリンをやめよう、みたいなタイトルの本にも目が吸い寄せられる今日この頃。

クスリをやめたほうが病気が治るってこと、確かに、ステロイドをやめたらかえってアトピーが治った患者さんを、たくさん見ている皮膚科医の私にとっては、そう違和感のある話じゃないんです。
でも、はたして他の人は一体どう考えているのでしょうか。
病気のこと、クスリのこと、健康のことを。

私たち医者は、病気の患者さんに対して、クスリをお出しすることで治療するのが当たり前とされてきました。
患者さんも、クスリをもらうことが治療だと信じて疑わないのが現状です。

たとえば皮膚がかゆいんですと患者さんが言う。 皮膚科医がステロイドを出す。
たとえば眠れないんですと患者さんが言う。 精神科医が睡眠薬を出す。
たとえば胃が痛いんですと患者さんが言う。 内科医が胃薬を出す。
たとえば腰が痛いんですと患者さんが言う。 整形外科医が鎮痛剤を出す。

間違いじゃない、間違いじゃないんだけれど、なにかしっくりこない。

つづきを読む »

Aug

25

血液クレンジングがアツい!

トキコクリニックについて美容・健康について|August 25,2010 3:50 PM

毎日、暑い日が続いています。
「熱帯夜」ならぬ「スーパー熱帯夜」という言葉は、一体いつ生まれたのでしょう?
連日36度のせいで、たまの32度を「涼しい。。。」と感じてしまうなんて、日本はもはや亜熱帯を通り過ぎて熱帯かと思うほど…まあとにかく暑い!
お昼休みにランチにでかけるのもおっくうで、つい近場で済ませてしまいます。本当は行きたいお店がいくつもあるのですが・・。
そんな中、患者さんが連日クリニックに足を運んでくださること、本当にありがたいと思わずにはいられません。
面倒だとか近場で済ませようと思わずに、わざわざお越しいただけることは、信頼いただけていることなのだと感じ、どうすればさらにその信頼にお応えできるのか、スタッフ一同、この暑さに負けじとさらにアツくなる今日この頃。

最近、特に気になるニュースは、やはり激増する熱中症での死者の数です。
高齢者だけでなく20代の若者までが熱中症で死亡というニュースを聞くにつけ、単に熱中症対策の情報の普及だけでなく、日頃からいかに体に自力をつけておくのか、その自己メンテナンスへの意識こそが問われる時代がきたと感じています。
この暑い中、クリニックへお越し下さる患者さんは、やはりその健康への意識の高い方ばかり。
だからこそ、その思いにお応えできるよう、私たちも新たな治療や対策をしっかりご提案していきたいと、試行錯誤と挑戦の日々です。

つづきを読む »

Sep

10

ダイエット、ああダイエット、ダイエット

美容・健康について|September 10,2010 6:51 PM

先週の日曜日に、東京で「日本抗加齢美容医療学会」が開催され、私も参加してきました。(ちなみに淀屋橋院の木村先生も一緒)
朝からずっとホットな話題で、眠くなることもなくとてもエキサイティングな内容ばかり。
当院に既にあるマシンについての発表もあれば、最新すぎてまだあまり誰も持っていないマシンについて、いち早く効果を報告している講演もあり、あっという間に一日が過ぎ去りました。

その中で、異色の講演が。

東京のクロスクリニックの石川先生の講演でした。
なんと、ご自身が1年で25キロやせた、というものです。
何をしたか、ということを延々お話しされるのですが、それが面白かったこと!
簡単にまとめると、単純にカロリー制限をして体重を落とし、腹部の脂肪は落ちにくいので、マシンを数種類組み合わせて部分やせに取り組み、痩せてたるんだ顔をリフトアップさせるために、マシンをいろいろ使ったり、ヒアルロン酸などを注入したり、というものです。
確かに、スリムになってたるみもなく、かっこいい石川先生になっておられました。
が、しかし、普通はとてもマネは出来ないでしょう。

マネできない理由は二つ。
ひとつは、これだけいろいろやったらお金がかかりすぎて、ついには破産してしまうかもしれないことです。
もうひとつは、1日1500キロカロリーぐらいで過ごすということで、カロリー制限がきつくしんどそうだし、リバウンドが心配です。
できれば、空腹に耐えながらのダイエットは避けたいものです。

つづきを読む »

Oct

30

本当にお別れ

美容・健康について|October 30,2010 8:32 PM

今日は、Kコのお別れの会でした。

土曜日はクリニックが一番忙しい日。
今日は本来なら私の診療日だったのですが、由美先生に無理をお願いして、午前診だけ代わりに出勤してもらいました。
由美先生のお腹はすっごく大きくて、はちきれそう!
私がそのぐらいのころは、もう、動くたびにふうふう言ってるあり様で、とても仕事なんてしんどくてできませんでしたが、由美先生は本当に頑張り屋さんです。
とにかく、患者さんに信頼されていることに、とてもやりがいを感じているそうです。だから、診療が大好きなのです。
しばらく由美先生は産休でお休みをしますが、皆さん、彼女のことだから、びっくりするぐらい早く、戻ってくると思いますので、待っててくださいね。

お別れの会は、京都のホテルで、盛大に、楽しく、行われました。
たくさんの人たちが思い出話をスピーチし、それを聞いて皆が笑って、泣きました。
本当に惜しい人を亡くしました。
どれだけたくさんの人に愛されていたか。
これから、どれだけ面白い仕事ができたことか。

つづきを読む »

Feb

09

風邪のあとには花粉症。漢方と点滴に頼れ!!

美容・健康について|February 9,2011 7:43 PM

不覚にも風邪をひいてしまいました。
熱を測らない主義なので何度あったかわかりませんが、結構熱かった、と思います。

何の前触れもなくいきなり咳と鼻水からはじまって、それから熱が出てきました。
ふつう、まず、ぞくぞく感からはじまるか、のどが痛くなるところからはじまるので、前者なら「葛根湯」、後者なら「桔梗石膏」という漢方薬を1時間おきに4~5回も飲めば、風邪の発症を食い止められます。
何となく風邪っぽいなあ、だるいなあというときは「香蘇散」もおススメ。
風邪のひきはじめのけだるさにはぴったりです。
そうやって私はここ何年も風邪をひくことがありませんでした。
それなのに・・とうとうやられてしまいました。

くやしい!

いきなり鼻水がすごくて、「小青竜湯」で対応。
それでも少し薬が切れたらまたどばーっと鼻水で、ティッシュがごみ箱に山盛りに・・。
咳は「麻杏甘石湯」で対応してみたのですが、イマイチ。
咳の標準薬なのですが・・・。
咳き込むととまらなくなり、気管支が過敏になっているような、そんな咳には「麦門冬湯」がよいといわれています。
夜になると発作のように咳き込む、なんていう人にも、私はこの漢方を処方します。
私のはそんな発作のような咳ではなかったのですが、ためしに麦門冬湯をのんでみたらいい感じ。
しかし本当にパワー全開まで復活するのに1週間かかってしまいました。

つづきを読む »

Feb

26

春はすぐそこ

はぴトレについて美容・健康について|February 26,2011 8:14 PM

寒かった冬もやっと終盤にさしかかってきたのか、今週は暖かい日が続きましたね。
お店に並んでいるお洋服はずいぶん前から春物ばかりで、ついついカワイイと思って買ってしまっていたけれど、着ることができるのはまだまだ先で、着るのが待ち遠しいなんて経験ありませんか?
私は今週、暖かかったので、ついつい待ちきれず春物をデビューさせてしまいました!
春は断然ピンクです。
なので、今年新調したスプリングコートはもちろんピンクをチョイス。
そしてアイフォンのカバーもピンクにリニューアル。
そしてバッグもピンク尽くし。
DSC01832.JPG
もともと普段からピンク、大好きなんです。
ましてや春はピンクの気分。
ピンクを持つと、気持ちが浮き立つのを感じませんか。

つづきを読む »

Apr

20

行ってきました、韓国美容ツアー!

お知らせ美容・健康について|April 20,2011 4:53 PM

韓国のタレントの女の子たちが、なぜあんなにきれいでかわいいのか。
韓国人はきれいな人が多いからな~、なんて日本の男性たちは目じりを下げながらおっしゃいますが、そのわりには繁華街を歩く女性たちをずっと眺めていても、きれいな女の子はきわめて少ない。
日本の女の子は、カワイイ子がいっぱいいるのに。

韓国のタレントやモデル、女優さんもお忍びで通うという美容クリニックの先生に、そのスゴワザを教わろう!というセミナーが、この週末に韓国、ソウルにおいて、少人数限定で行われました。
先生は女性で、スレンダーな美女。名前はキム先生。

まず始めはプレゼンテーション。
ビフォアアフターの写真を見せながら、治療を説明してくれます。
中学、高校の間日本にいたとのことで日本語も上手で、しゃべり方がなんだかさばさばしている。
すごいキャラかもしれない・・私、この人好きかもしれない・・・と期待に胸が高鳴ります。

つづきを読む »

May

13

美容はハッピーにつながる!

はぴトレについて美容・健康について|May 13,2011 6:42 PM

肌寒い春だったのにここ1週間で急に暑くなり、一気に夏がやってきた感じで、被災地も今度は暑さにどう対応するかという議論がテレビでもなされるようになりました。

震災後、はぴトレを書こうと思ってテーマを考えるたびに、なにを書いてもうわっつらな感じがして、書いても書いても途中でやっぱり消してしまうということが続いています。
結局今は、ただ黙々と自分の仕事を一生懸命するしかないのかなとも思います。
何かを主張したり発信することに、意味が見出せずにいます。
でも、「ブログ読んでますよ」と診察の際に声をかけてくださる患者さん方の励ましのお声が、しぶる筆の後押しをしてくれます。
励ますつもりが励まされた、というセリフ、震災後の避難所訪問の人たちがみな口にする言葉ですが、私も患者さん方には本当に励まされてばかりです。

4月が終わって義援金の集計をしてみたら、なんと483,890円に!
これで、3月、4月合わせて641,477円になりました。

とても嬉しい、と素直に思いました。
友人からは、あんなにたくさんの金額を送るなんて大変だね、とか、すごいね、とか言われましたが、みんなで作ったお金だと思うから、とても嬉しい気持ちを添えて送ることができました。

つづきを読む »

Aug

31

私が旅に出るわけは・・・

はぴトレについて美容・健康について|August 31,2011 1:50 PM

朝晩が少しだけ過ごしやすくなり、あんなに暑い夏もちゃんと終わりに近づいてきてます。
それはまるで、どんな苦しいこともやはり永遠につづくわけではないことを教えてくれているようです。
私はサンフランシスコに1週間ばかり出かけておりましたので、先週帰国したときは本当に日本の暑さに参りました。
サンフランシスコは朝は12~3度で、昼間も20度前後という涼しさ。
日本から到着したときは、寒いと感じるほどでした。

日本の今年の夏は極めて湿度が高く、そのために中医学でいうところの「湿邪」に侵された人が、皮膚に謎の赤いブツブツをたくさん作って来院されるというケースが多かったのですが、そんな人もサンフランシスコに行けばきっとすぐに治ってしまうでしょう。
アトピーの人がオーストラリアやアメリカ西海岸に滞在すると、症状が改善することが多いのですが、この気候がやはり関係していることを今回ばかりは実感した次第です。

さて、私が何をしにサンフランシスコに行ったかというと、アメリカの血液クレンジングの権威の一人である、ロバート・ローエン先生のクリニックにお邪魔することが目的でした。
10人限定のプライベート感たっぷりのセミナーで、全米、いや世界中からドクターが集まりました。
初心者もいればベテランの先生もいましたが、ローエン先生独自のやり方に、皆興味津々でした。
日本の我々が行っているよりもずっと過激で量も多く、びっくりすることもありましたが、とても良い刺激になり、私もがんばらなきゃと思わされることしきりでした。

つづきを読む »

Sep

21

ボトックスリフトは本当にすごい。

美容・健康について|September 21,2011 8:31 PM

今、トキコクリニックでは、ボトックスリフトが大流行です。
由美先生もブログで語っていますね。

いつもいつも新しい治療を取り入れている私たちですが、ここ数年で一番熱いものを感じる治療であることは間違いありません。
導入するにあたってさんざんスタッフの顔を借りて、ドクターたちは一生懸命練習しました。
はじめはひたすら一生懸命施術することで精いっぱいでしたが、やがてすべてのスタッフに見違えるような効果が現れはじめ、毎週注射をするたびに変わっていくことに興奮を抑えられなくなってきました。
実際の写真の一部がこちらです。
before3.jpg  after3.jpg

つづきを読む »

Feb

17

健康を保つ綱渡り

美容・健康について|February 17,2012 9:45 PM

毎日寒い日が続いています。
寒いと膝が痛くなる私は、この時期そのためにゴルフができないのが悩みで、とうとう日本を脱出してしまっていました!
はぴトレも更新がストップし、PCを持っていかなかったのでメールの返信も止まり、行方不明のうわさも流れた今週、1週間のマウイ島ツアーを終え帰ってきました。

ちょうど日本の5月ぐらいの気候で、さわやかで気持ちよくゴルフができたので、本当に楽しかったのですが、3日目ぐらいから肌が荒れはじめたのには参りました。
顎のラインにブツブツざらざらがでてきて、頬のあたりにかゆみと赤みが出てきたのです。

患者さんでも海外から帰ってきて、肌が荒れた!と言って来院する方はたくさんいます。しばらくすると治ると思っていたけれど、治らない、とか、ひどくなってきた、と言って、トキコクリニックにやって来ます。
肌の炎症は私の経験では、治る域を超えてしまうと勢いがついてしまい、もはや自力では治せなくなってしまうのです。

私は、あせりました。
まだ軽いうちに自力でなんとかしてしまわないと、ひどくなってしまったら治すのが大変になるからです。
それにしても原因は??

つづきを読む »

Jun

27

美容マシンに頼る日々!?

美容・健康について|June 27,2012 5:49 AM

最近、やせた?と聞かれることが多くなり、大いに戸惑っております。
そのたびに、いえいえそんなことはありませんよと苦笑いをしています。
痩せたどころか、今私は、中年太りの典型の二段腹をどうしたものか、悩んでいるところだからです(涙)。

痩せたと勘違いされる最大の要因は髪を短くしたことだと思われるのですが、もうひとつの理由はたぶん、タイタンをきちんと受けていることだと、私は考えています。
人はまず顔を見るものなので、顔のたるみが少なく、顎のラインがきちんと出ていたら(要するに二重あごじゃないってこと)、細い印象を持つ傾向があります。

タイタンはたるみの改善にとても良いマシンで、私は今のところ、一番気に入っています。痛みがゼロで、一度受けると1か月はすっきりした、むくみやたるみのない顔でいられます。1か月半を過ぎるとそろそろまた受けたくなり、受けると「ああ、すっきり~~」って気分になる、そういうレーザーです。

そういう優れものレーザーだったのにもかかわらず、ずっと忙しくて受けることができなくて、なんだか疲れたたるんだ顔を鏡で見るたびに、私も年かなーなんて思ったりして、嫌な気分に襲われていました。
しかし、半年ぶりぐらいにタイタンを受けてみたら、これがすごく良くて、「あ、この顔が私の本当の顔だ!」って思ったんです。
それ以来、きちんとタイタンを受けています。
それによって、みんなに痩せたと思われているなんて、ちょっと嬉しい気分。

つづきを読む »

Aug

18

京都のクルスカの夏

はぴトレについて美容・健康について|August 18,2012 5:30 PM

前回のはぴトレで、「痩せたと最近よく言われる」と書いたところ、大きな反響がありまして、本当に顔が細くなって痩せたみたいに見えます~って多くの患者さんからお声掛けいただきました。
はぴトレをみなさん、読んでくださっているんだな~ととても嬉しくなりました。

私はただいま46歳。
40歳を過ぎてから、ずっと痩身に取り組んでいるような気がします。

私、いろいろ努力しています、実際。
普段の食事は糖質制限を心がけていて、大好きなうどん、ラーメンはせいぜい月に1回。
ケーキやアイスクリームは絶対食べません。
パスタは週に1回、コメはお寿司をたまに食べに行くときに少し食べる程度。
それでもおなかがもうどうしても引っ込まなくなったのは、やはり年齢的なものでしょうか・・。
加圧トレーニングを週に2回もしているというのに・・・(涙)。

つづきを読む »

Jan

30

私はニキビの名医?迷医?

はぴトレについて美容・健康について|January 30,2013 12:41 PM

10歳ごろから35歳ぐらいまでずっとニキビが治まらなかった私の肌、40を過ぎてから「肌がきれいですね」とほめられるという経験をするようになりました。
初めのころはお世辞かな?と思っていましたが、最近では、うんきれいなんだよね、と心の中でつぶやくまでに。

ニキビで悩む患者さんは本当にたくさんいて、そのお手伝いには絶大なる自信があるのも、ずっと自分が試行錯誤を繰り返したおかげ。
ニキビは治せます!治してみせます!任せなさい!と胸をたたいています。
最近は一目肌を見たら何が原因かわかるほどの熟練職人ぶりを発揮しています。

塗り薬をちょっと塗ったら治るような、単純なタイプのニキビの人はそう多くはありません。
たいていは、近所の皮膚科に行ったけどよくならなかったという人たちで、原因をみつけてもらえなかったから治らなかったケース、要因が複数あるために治療も複数行わなければならなかったケース、化粧品で治ると思い込んでいたケース、身体の中から改善しなくてはいけないことに気づいていなかったケースなど、さまざまです。
そんなとき、予算的に厳しいのか、保険診療の範囲内でお願いします、と言われちゃうと、武器が少ない中で戦わなくちゃいけないので、かなり大変。
時には戦意を喪失することも。
私は魔法使いじゃない!って心の中で叫ぶこともあります。

ただ、漢方薬はそういうとき、とても助けになります。

つづきを読む »

Feb

07

私はニキビの名医?迷医?

はぴトレについて美容・健康について|February 7,2013 5:08 PM

さて、ニキビ治療の話。
中学生のころの私は、額や眉間に激しくニキビがでていて、前髪を厚くたらして隠しておりました。
今と違って、ニキビで皮膚科に行くと言う時代でもなく、洗顔を一生懸命したり、親に隠れて雑誌に載っていた怪しげな化粧品を買ってこっそり試したり、ということをしていました。

大学に入ってもニキビはあいかわらずでしたが、マリンスポーツを始めてからはかなりよくなりました。いつも出ていたニキビが、疲れた時や生理前限定になってきたのです。

医者になって、当直なんかがあって、ストレスと疲れでニキビは悪化。その頃は、抗生物質を飲んで抑えることしか知らなかったので、ひどくなったら飲んでいました。
しかし、それでは根本的には治らず、きれいな肌になりたいといつもひそかに願っていましたが、それは自分にはかなわぬ夢なのだとも思っていました。

自分の肌に真剣に取り組むようになったのは、自分のクリニックを開いてから。
患者さんに、あんな肌の汚い医者にいろいろ言われたくない(ニキビの人に、甘いものを控えろとか、化粧落とさずに寝るなんてダメとか、いろいろ「指導」をしていたことを指しているのでしょう)と、当時の当院のホームページの掲示板に書かれたことがきっかけです。
掲示板は、今は承認制にするのが当たり前ですが、当時はまだそのへんのことがちゃんと誰もわかっていなかったため、悪意に満ちたことを書き放題されるケースが増えて、世間でも問題になっていたところでした。
検討の末、掲示板は直ちに閉鎖。
すごくショックで悲しかったし、これからどう患者さんとつきあえばいいのかわからなくなって、途方に暮れたのを今でも覚えています。
しかし、しばらくして私は反省したのです。
美容治療をしているのに、自分の肌をちゃんと治そうともしない、化粧もろくにしない、そんなことで、プロと言えるのか、と。

1998年ごろの出来事でした。

つづきを読む »

Feb

28

しつこい肝斑もやっつけたい!

美容・健康について|February 28,2016 9:35 AM

大きな可能性を感じる「プラズマ治療 NeoGen SPA

前回は「プラズマ治療」とは何か、どんな効果が期待できるのかについて書きました。今日はもう少しくわしく説明しましょう。

物質の第4の状態といわれるプラズマを使った美肌治療は欧米で白人向けに開発されました。毛穴の開きや小じわ、肌のはり、くすみなどまさに美肌を目的としたものです。ただ、白人と私たちのようなアジア人の肌質は違います。当然、いろいろな施術も効果の内容や度合いが変わってきます。東京でいち早くプラズマ治療を導入していたドクターからニキビにも効くと教えてもらったことがトキコクリニックへの導入の決め手になりました。

実際、これまでの治療ではなかなか改善しなかった患者さんのニキビがかなり治まりました。施術の痛みはほぼありません。プシュッと湿った水滴が当たるような感覚です。施術後、数時間程度赤みが出る場合がありますが、ダウンタイムはほとんどありません。ほかの治療を並行することも可能です。ただ、乾燥しやすいのでしっかりと保湿すること、治療後1週間は日焼けに気をつけることが大切です。

私やスタッフも、もちろん体験しました。しばらくすると日焼けした後に皮がめくれてくるような感じで、薄く細かいカサブタができます。それが自然にはがれると、透明感のある肌が出てきます。ピーリング効果ですね。くすみがとれて、毛穴も締まります。また、施術直後は皮膚の薬剤吸収率がとても高くなります。この機会を逃す手はないということで、トキコクリニックでは悩みに合わせた美容成分の導入をおすすめしています。ニキビや美白、毛穴の引き締めには「最新型ビタミンC」小じわ、はり、くすみ、ニキビには「アンチエイジング生水素ジェル」小じわ、乾燥、くすみには「保湿セラミドジェル」。このなかから選んでくださいね。

私は常に「もっといいものはないかしら」とアンテナをピンピン立てています。私自身が「痛い」「時間がかかる」「めんどくさい」ことが大キライということもあって、いろいろな悩みや辛さを抱えている患者さんに、少しでも速くてラクで高い効果のあるものをと思っています。このプラズマ治療も、関西で導入しているのは今のところトキコクリニックだけです。

実際に受けてもらったら、あっけなく思われるかもしれません。

つづきを読む »

Mar

30

画期的なフェミニンケア、「THERMiVa」を始めました!

美容・健康について|March 30,2016 8:00 PM

はぴトレをずっと読んでくださっている方はご記憶でしょうか。2015年5月に「今、ヨーロッパで注目されているアンチエイジング」として女性器のアンチエイジングをご紹介しました。年齢を重ねても性生活を重視するヨーロッパ、特にイタリアやフランスで歓迎されていると書きました。ただ、日本の女性にとっては心理的ハードルがまだまだ高く、ニーズがどれだけあるのかという課題がありました。できるだけ抵抗感の少ない、それでいて高い効果を出せるマシンを求めていたのですが、このたび自信をもっておすすめできるマシンを導入しました!

すでにトキコクリニックのサイトにも「女性のデリケートゾーンに 〜注目のアンチエイジングケア〜」としてご紹介していますので、そちらもぜひ読んでください。ちなみに女性のデリケートゾーンのお手入れの総称として「フェミニンケア」という表現を使っています。
体のなかから美しく、健康であることを理想の美としている私にとって、女性が女性であることを楽しむことがとても大切だと考えています。日本では「若さ」を重視しますが、誰でも年齢を重ねるにつれて少しずつ全身が加齢による変化、衰えを経験するようになります。私は、加齢に抵抗して「いつまでも若い時のままで」という発想ではなく、「加齢のスピードを無理なく落とし、生活の質をあげる、あるいは維持する」という発想でアンチエイジングに取り組んでいます。女性器のアンチエイジングはまさに私の考えを体現したものといえます。

つづきを読む »

Apr

06

私がTHEMiVaを勧める理由 ~デリケートゾーンのケアで心身ともにハッピーに!

美容・健康について|April 6,2016 8:30 PM

前回、THERMiVa(サーミバー)の概要と効果をご紹介しました。今回は実際に体験した患者さんやスタッフの声をお伝えしたいと思います。

・「見た目の劇的な変化に驚き、うれしかった」
大陰唇や小壁唇の形や左右の非対称を気にしている人は、実は少なくありません。特に若い女性にとっては、いったん気になり始めると大きなコンプレックスとなり、恋愛に臆病になることも。人の身体は千差万別なので恋愛に臆病になるほど悩まなくてもいいと思いますが、実は見た目だけの問題ではありません。女性器は男性器のように外に出ていませんから、たとえば入浴や排泄のたびに見ることはできません。つまり汚れや異常に気付きにくいのです。また、石鹸や乱暴な洗い方などで洗い過ぎても健康を保つのに必要なうるおいを奪ったり、小さな傷をつけたりしてしまいます。本当にデリケートな部分なのです。個性にしろ、加齢による変化にしろ、大陰唇や小陰唇が複雑な形状だとさらに清潔が保ちにくくなったり、かぶれなどの異常に気付きにくかったりします。
THEMiVaは、1回の施術ではっきりとわかるほど引き締めてくれます。見た目へのコンプレックスが解消され、「それだけで気分が明るくなった」という人もいました。「排泄後、ペーパーで拭く時の感触が違う。すっと拭き取れる感じがする」という人もいます。凹凸がなくなり、清潔を保ちやすくなったということです。

・「尿もれがなくなった」「うるおいを感じる」
出産を経験した女性の多くが尿もれに悩んでいます。これもなかなか人に相談できないことで、実に7割以上の人が「尿もれがあるけれど人に相談したことはない」と答えています。THERMiVaは高周波によって膣の入口や全体を引き締め、尿もれを解消、改善することができます。また、コラーゲンの生成を促すことで膣内が活性化します。大陰唇や小陰唇と同様に膣内も引き締められ、また膣内環境を整える分泌物(正常なおりもの)が増え、乾燥によるかゆみやにおいも改善されます。

・「性生活が改善した」
痛みやコンプレックスでセックスが楽しめないというのはとても残念なことです。THERMiVaを導入して「感じ方が変わった。よくなった」という人が何人もいて、とてもうれしく思っています。膣内外の引き締め効果による物理的な感覚はもちろん、コンプレックスがなくなったことによる心理的効果もあるかもしれません。
また、トキコクリニックではナチュラルホルモン補充療法にも力を入れていますが、さまざまなホルモンの欠乏によってさまざまな症状に悩む女性は多くいます。なかでも膣のうるおいがなくなったためにかぶれやにおいなどに悩まされたり、下着がこすれて痛い、性交痛があるなどの悩みをたくさん聞いてきました。THERMiVaはそうした悩みも心身への負担なく、短時間で解消してくれます。「もうそれどころじゃない」「痛いからいやだ」とあきらめていた性生活も楽しめるようになれば、精神的な充足感も大きいでしょう。

つづきを読む »

May

10

夏に向けてダイエット、今年はMCTオイルに注目です!

美容・健康について|May 10,2016 9:46 AM

ダイエットは多くの女性にとって常に大きなテーマですね! 私自身も同じです。これまでどれほどのダイエットを試してきたことでしょう。
とはいえ、無理な食事制限だけはしません。空腹のストレスでイライラしたり、筋肉まで落ちて痩せたというより老けて見えたり、体力がなくなってしまっては生活そのものが楽しくなくなって、本末転倒ですよね。ダイエットとは体重を減らすことではなく、不要な脂肪やストレスから解放されて、身も心も健康的に軽くなることだと私は考えています。

そういう視点で常に新しいダイエット情報を探しているわけですが、今、試しているのはMCTオイルです。日本語では中鎖脂肪酸油といい、ココナッツやパームフルーツに含まれています。大豆油、なたね油など一般の植物油は長鎖脂肪酸油といいます。
この2つ、何が違うかというと分解(燃える)時間です。中鎖脂肪酸油は長鎖脂肪酸油に比べて4倍も早く、そのため、体内ですぐにエネルギー分解されます。これは代謝経路の違いです。長鎖脂肪酸油は摂取すると肝臓を通して筋肉や脂肪として蓄積され、必要に応じてエネルギー分解されます。けれど中鎖脂肪酸油は肝臓に運ばれた後、すぐにエネルギー分解される、つまり体内で脂肪になる前に燃焼されてしまうのです。
MCTオイルダイエットとは、エネルギー生産効率の高い中鎖脂肪酸油を摂取することでスピーディーに効率よく代謝をおこなおうというものです。

もう少しくわしく説明しましょう。

つづきを読む »

Oct

17

私たちは、体の内側から輝く「痩身」を目指します!

美容・健康について|October 17,2016 10:13 PM

秋がどんどん深まっていきます。オシャレが一段と楽しい季節です。夏と違って体型のカバーがしやすいのは確かですが、久しぶりに取り出したお気に入りのワンピースがキツいということはありませんか? トキコクリニックでは、今「痩身」にあらためて注目し、力を入れていこうと準備を進めています。

といっても、ただ体重を減らすことだけを目的としたものではありません。毎日体重とサイズを測る、いわゆるダイエットではなく、クリニックらしく医療的なアプローチで、美しい、メリハリのあるボディづくりを目指します。
「私はとにかく体重を減らしたい」「やっぱりサイズが気になる」「他の痩身とどう違うの?」と思われる方もいるでしょう。むしろ、そう思われる方のほうが多いかもしれません。トキコクリニックの目指す「痩身」と、女性たちが望む「痩せたい」という思いとのギャップこそを埋めていくのが、私たちの仕事だと思っています。

意外に思われるかもしれませんが、私はこまめに体重を測るほうではありません。ただ、毎日入浴する時に自分の全身を鏡に映してチェックします。「あー、ここのお肉がもう少し取れたらなー」などと思うのはみなさんと同じです(笑)。ただ、私は体重よりもバランスや筋肉を意識しています。「体重よりも”内容”が大事」という思いは、自分が年齢を重ねるとともに実感するようになってきました。ただ体重を減らしても、必要な栄養素が取れていなければ、貧血になったり、疲れがとれなかったしります。リバウンドもしやすいですね。けれど、筋肉トレーニングやストレッチなどで筋肉を鍛えて、代謝力をあげれば、適度に締まった体と健康を維持することができます。少々食べ過ぎても、すぐに戻すことができます。本来、こうした体こそが理想ですよね。

つづきを読む »